数秘術の父 ピタゴラスとは

数秘術の父 ピタゴラスとは

数秘術の父として知られるピタゴラス。

ピタゴラスは、
紀元前582年 – 紀元前496年に
南イタリアに生きた数学者です。

中学時代に
「ピタゴラスの定理」を
習っていると思いますので、
名前だけは聞いたことがある人も
多いのではないでしょうか?

実はピタゴラスに関して
直接確認できる資料は
ほとんど現存しておりません。

しかし彼の教えを支持する弟子たちによって
神聖ローマ帝国全域にまで
彼の教えは広がっていきました。

ピタゴラスが数秘の原点であるのは
間違いがないのですが、
彼が数秘を作ったというわけではありません。

Sponsored Links


彼の弟子たちが
ピタゴラスの教えを伝承していくなかで、
数秘術が構築されていきました。

長い歴史の中で学問として発展しいったため、
数秘を行うのには、
いわゆる霊能力や透視能力といったような
超能力は一切必要ありません。

数の意味を知り、
そのパワーをひも解く学問が数秘術であり、
その学問の師こそが、
ピタゴラスなのです。

生年月日(西暦)・氏名(ローマ字)を入力してください。

生年月日
氏名 苗字(ローマ字)

名前(ローマ字)

入力はすべて半角英数字で入力し、「占う」ボタンを教えてください。
氏名は、あなたがいつも使っている氏名をお書きください。
(旧姓を使われている方は、そちらをご入力ください)
広告


広告


このページの先頭へ